NO IMAGE

淋病検査キット

代表的な性感染症の1つと言える、淋菌という細菌により引き起こされる性感染症を、淋病感染症と言います。

現代ではそこまで多く耳にした事が無い人も多いかもしれませんが、考えている以上に多くの方が感染しています。

性行為により感染しますが、感染者との行為による感染率は、実に30%という高確率で感染してしまいます。

男性と女性では検査方法が違いますので、淋菌感染症を検査する検査キットについて、詳しく紹介していきます。

 

淋菌検査の方法

 

淋病は、性行為により感染しますが、オーラルセックスにより咽頭に、アナルセックスにより大腸に感染してしまう恐ろしい感染症です。

つまり、感染者と知らずに「キス」したことによって感染してしまうケースもありますので、検査キットには男女共通として咽頭検査キットがラインアップされている検査キットも多いのです。

つまり、昨今の性事情を考えるならば、検査をする時には出来るだけ性器系のみならず、喉の検査もセットにしている検査キットを選択したほうが安心できると言えます。

男性尿道炎患者からの尿道分泌物の塗抹標本(グラム染色)

引用:国立感染症研究所

 

淋病の検査にはいくつかの方法がありますが、性病検査キットで多く用いられている検査方法は以下の通りです。

引用:GME医学検査研究所

検査キットにおける検体採取には、女性の場合膣内の分泌液を綿棒でこすって採取男性の場合には朝の初尿を採取、そして男女共通で喉の検査をする場合には、検査用の液体を使用してうがいをし、そのうがい液を採取、という方法を用いて検体を採取します。

 

喉の検査では、淋病だけでなくクラミジアの検査もおこなう事が出来ますので、淋病に特化するよりも良く多くの検査をしてしまう方が良いのではないでしょうか。

うがい液を採取する検査は、厚生労働省でも菌をみつけやすい検査と報告しているので、精度の高い検査方法と言えますし、うがいをするだけなので、日常的に手軽な方法である事もおすすめ理由です。

 

また、淋菌の検査をする場合には、喉の検査を意識するのみならず、クラミジアの検査もできる検査キットを選ぶと良いです。

淋菌とクラミジアは検査できるようになるまでの期間も感染してから数日で検査できるようになる点も同時期であり、検査としては効率が良いのです。

更に日本全国での感染者数についても、淋病に対してクラミジアは、女性で7.5倍、男性で4倍にも上りますので、性病としては圧倒的に多いのがクラミジアだと言えるからです。

 

淋菌感染症が発症しているかどうかを判断したい場合は、男性と女性で異なりますので、次の章より説明します。

 

男性が淋菌検査をする判断基準は?

 

以前は女性に対して男性は、風俗を利用する方も多いために淋菌に感染しやすいといわれていました。

ところが昨今では出会い系サイト等に代表される、スマホで気軽に男女が知り合い性行為に及ぶケースが急増しており、さらに性感染症は増え続けている要因の1つになっています。

特に淋病においては1度の性行為で約30%の確率で感染してしまうと言われています。

 

淋菌に感染している可能性があって検査をする場合は、性行為を行ってから2~3日後より検査をおこなう事が出来ます。

 

男性の場合は尿検査をすることで淋菌に感染しているかどうかを検査することができますので、性行為後に何か異常を感じたり、次のような症状を感じるのであれば、迷わず検査して見る事をおすすめします。

思い当たるフシがあって、以下のような症状が現れていたら、淋菌に感染している可能性があります。

 

  • 排尿するときに尿道に痛みを感じる
  • 睾丸がはれたり、大きくなったりしている
  • 尿道にかゆみを感じる
  • 黄色くどろどろした膿のようなものが出る

 

これらの症状は淋菌に感染しているかどうかの判断の基準として参考にしてください。

 

こちらの検査キットでは、クラミジアと淋病、それに喉の検査までをセットにしています。

クラミジア・淋菌検査+のど2項目検査キット

 

女性が淋菌検査をする判断基準は?

 

女性の特に20代~30代における性感染者は近年高い伸びを示しています。

これも近年の傾向からすれば、スマホで簡単に出会える時代になった事と、外国人の増加に伴う出会いの多様化もあるのではないでしょうか。

 

女性が淋病検査をするときには、膣分泌物を検査する方法で行いますので、綿棒を膣から入れて分泌物を採取します。簡単ですし短時間で検体採取が出来ますので、感染が気になる方は迷わずに、まずは検査をしてみてください。

性行為があってから2~3日後には検査する事ができます。

 

実は女性の場合、無症状の例が多く、淋病を自覚する女性は意外なほど少ないのが現状です。

つまり自分では何の自覚も無いままに性行為を続けているケースが珍しくないのです。

だからこそ、以下のような自覚症状がある方は早めの検査をして、自覚症状の無い方でも不安を感じる方であれば積極的に検査をしてみる事をおすすめします。

 

  • おりものの量が多い、下腹部に痛みを感じる
  • 生理が来ていないのに出血している
  • 性行為をするときに痛みを感じる
  • 排尿時に痛みを感じる、微熱が続く

 

こちらで紹介する検査キットは、女性向けのクラミジアと淋病、それに喉の検査までをセットにした検査キットです。

クラミジア・淋菌検査+のど2項目検査キット

まとめ

 

この記事では淋菌感染症について出来るだけ詳しく説明をしてきました。

男性の場合と女性の場合で検査をする方法は異なりますが、検査方法自体はとても簡単な事を理解いただけたのではないでしょうか。

特に女性の場合には、無症状の方も多いのが淋病の特徴の1つとも言えますので、少しでも上記に該当するような症状があれば勿論ですが、症状が無くてもまずは検査をしてみる事をおすすめします。

何か思い当たる事があって心配したまま放置してしまうよりも、検査キットを活用して手軽に検査した方が、何よりもご自身の精神的にも楽になるのではないでしょうか。

作業はご自身で検体採取をして郵送するだけですので、わざわざ病院に行きたくない、という人にもおすすめです。

性病の種類と症状の最新記事4件

>女性の本気婚活スタイル『イマ婚』

女性の本気婚活スタイル『イマ婚』

今からはじめる30代40代女性のための婚活スタイルブログ『イマ婚』で大人女子力UPして素敵なパートナーを見つけちゃお

CTR IMG